GoogleとYahooの提携でSEOはどうなる?

7月27日にGoogleとYahooが提携するというニュースが流れましたね。

アメリカのYahooが独自のサーチエンジン YST からマイクロソフトのサーチエンジン Bing に切り替えることで、日本のYahooも YST から別のサーチエンジンに切り替えなければならなくなったという背景があるようです。

この提携によって、SEO(サーチエンジン最適化)はどうなるのかっていう部分をちょっと考えてみました。

個人的な感想として、YSTは、被リンクを重視しているように感じています。

Yahooはもともとディレクトリ型のサーチエンジンを提供していて、後からロボット型のサーチエンジンに切り替えたという経緯があるから、Yahooディレクトリに登録(リンク)されているサイト=Yahooに認められた信頼できるサイトみたいな基準で、被リンクを重視することは理解できます。

その反対に、Googleはずっとロボット型のサーチエンジンで、コンテンツの質や鮮度を重視する傾向にあって、Yahooでの検索結果とGoogleでの検索結果は大きく異なっていました。

では、YahooがGoogleのサーチエンジンに切り替わることによって起こる現象を考えてみます。

まず、被リンクによってYahooでの検索結果で上位表示されていたサイトは、検索結果上位から排除される可能性があります。サイト利用者のほとんどがYahoo経由でアクセスしてきている場合、大打撃を受けることになるでしょう。

逆に、Googleでは検索結果上位に表示されるのに、Yahooでは検索結果上位に表示されていなかったサイトは、Yahooでの検索結果上位に表示されると考えられます。

つまり、これからのサイト運営にはコンテンツの質や鮮度が最重要になってくると言えます。

本来、インターネットはそうあるべきだと思うけど、逆に懸念もあります。それは、村八分ならぬGoogle八分によって検索結果から除外されてしまうことです。

Googleでの検索結果から除外されてしまったら、Yahooでの検索結果からも除外されてしまうということになります。インターネット上で商売をしている人たちにとって、Google八分は脅威でしょう。

除外される主な原因は、Googleがスパム行為があると判断する場合だから、そうしたグレーなことをしないっていうことも重要になります。現在、Yahooでの検索結果で上位表示されるために、被リンクをグレーな手段で得ている人は要注意です。

結局のところ、どんなSEOが今後有効なのかを考えると、SEOをしないってことだと考えてます。

誤解しないで欲しいのは、サーチエンジンでの上位表示を狙わないっていうことではなく、サーチエンジンに対して最適化しないってことです。

Googleの主な収入源は広告収入。広告収入を得るためには多くの人が集まるよう、質の高いサーチエンジンを提供する必要があります。つまり、Googleはユーザに対してサーチエンジンを最適化していることになります。

それならば、サイト運営者もユーザに対して最適化しようってことです。

ユーザに対して最適化するというのは、ユーザのことを一番に考えて、質の高いコンテンツを提供していくってことです。本来ならば、GoogleとYahooが提携しなくても、こうしていくべきなんだけど、今回の提携でこうした考え方がより重要になってくると思います。