MovableTypeがCMSではなくなる日

先日アナログ放送が終了しました。これと関連するわけじゃないけど、MovableTypeがCMSではなくなる未来をあれこれ想像していて、それをまとめてみました。

きっかけは、MovableTypeのプラグイン開発やノウハウの提供で有名な藤本壱さんが書かれた『Movable Typeは「Web専用CMS」ではない(寄稿)』という記事を見て「先を越された」って思ったからです。

結論から言うと、MovableTypeはCMSからサーバマネジメントシステム(以下SMS)に進化する可能性を秘めたCMSだということです。

MovableTypeからMovableTypeと双璧をなすCMSであるWordPressに移行する人は多いです。その理由として最も聞かれるのが再構築に関するネガティブな意見です。

MovableTypeとWordPressの最大の違いは、MovableTypeで言うところのスタティック・パブリッシング(静的にウェブページを生成する)かダイナミック・パブリシング(動的にウェブページを生成する)かという部分です。

ざっくり説明すると、ビジターが見るウェブページ(HTMLファイル)をあらかじめ生成しておくのか、それともアクセスがあった時点で生成するのかということです。

MovableTypeはあらかじめウェブページを生成するタイプなので、ウェブページを作る際には再構築(ウェブページの作成・修正)というプロセスが必要になります。

実はこの再構築する必要があるということが、CMSからSMSへと進化するためのキーワードだと思っています。

藤本壱さんが書いた『Movable Typeは「Web専用CMS」ではない』という記事にもありますが、MovableTypeはウェブページ(HTMLファイル)だけでなく、XMLファイルやCSVファイルなどの、ありとあらゆるテキストファイルを作り出すことができます。もちろんWordPressを構成するphpファイルも作り出せます。

つまり、MovableTypeでWordPressを作ることも不可能ではないんです。

もちろん、現在のMovableTypeはウェブページを作り出すことが主目的なので、Webプログラミングはできなくはないということではあるんですが。

ちょっと想像してみてください。もしMovableTypeにFTPソフトのように強力なファイル管理機能が備わったら。もしMovableTypeにDreamWeaverのように強力なオーサリング機能が備わったら。もしMovableTypeにWebプログラムのデバッグ機能が備わったら。

MovableTypeで作ったプログラム(ソフトウェア)を、MovableTypeで作ったウェブサイトで配布するといったことが可能になるかもしれません。

MovableTypeがCMSからSMSに進化する日が来るかもしれないですよ。だって、そんな便利なソフトウェアが出来ればWebに関わる人がほっとく訳ないんですから。

でも、その前に今のMovableTypeをもうちょっとどうにかしてほしいとも思います。

MTEntriesをベースにしたMTPages。MTCategoriesをベースにしたMTFolders。MTBlogsをベースにしたMTWebsites。継ぎ足していった結果、ちょっとヘビーになりすぎだと感じています。

誰でも(比較的)簡単にウェブサイト(ブログ)が作れるというCMS本来の役割から遠のいている感じがします(できることは圧倒的に多くはなりましたが)。

最後でちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが。がんばれSix Apart!