ウェブネタ

雑記

共有サーバーをレンタルする際に重視するのは、やっぱり価格と容量あたりでしょうか?

もし、メールフォームなどでユーザーと情報をやりとりするつもりなら、SSL(暗号化通信)は必須でしょう。なのに、SSLに関する情報は結構見落としがちです。サーバー比較系サイトでもあまり取り上げられていません。

今現在、当サイトでお世話になっている「エックスサーバー」を選んだのも、必要な機能が揃っている割には価格が安かったからなんですが、唯一気に入らなかったかったのが共有SSLのURL形式がサブフォルダ形式だったことです。それが、今月初めにサブドメイン形式に仕様変更されて使いやすくなったんですよ。

The Internet Explorer 6 Countdown

GoogleやYahooなどの大手ポータルサイトは去年からIE6のサポート終了を宣言してます。そしてGoogleは今年、IE7もサポート終了を宣言しています。企業や個人でもIE6をサポートしないサイトが多くなってきました。

IEを作ったMicrosoft自身が「9年前の腐った牛乳」とまで言ったIE6の日本における現在のシェアは、The Internet Explorer 6 Countdownで確認したところ6.8%です。

正直まだいるかと言ったところですが、このサイトでもIE6のサポート終了を宣言します。みんなもサポート終了を宣言しちゃいませんか?しましょうよ!

なかなかシェアが減らないIE6IE7。この2つに代表される古いブラウザ(レガシーブラウザ)があることで、多くの時間をバグ対策、透過png対策、HTML5対策、CSS3対策などに費やしてきました。

これは全ての(PC)ブラウザで同じようにウェブサイトが表示されるようする、いわゆるクロスブラウザっていう考え方です。

それに対するような考え方としてプログレッシブ・エンハンスメントというのがあります。

簡単に説明すると、最新のブラウザで最良のデザインを提供し、古いブラウザで見た場合でも情報が損なわれていない程度の状態にするっていうことです。最近よく見かけるテキストにドロップシャドウがかかっているやつなんか、プログレッシブ・エンハンスメントの代表例ですね。

始めてプログレッシブ・エンハンスメントという言葉を知った時、「それって古いブラウザは切り捨てるってことでしょ」って思ったけど、実はそれの反対で、古いブラウザで見る人のためのプログレッシブ・エンハンスメントなんだなって思ってます。

それは、クロスブラウザって実は制作者や運営者のエゴなのかもなぁと思い始めたからなんです。

今年の7月に、Yahoo!が検索エンジンをYSTからGoogleに変更するという情報が流れましたが、それがまもなく完了するかもしれません。

Googleの検索エンジンは、非常に質の高い検索精度を持っており、男性やIT系のユーザーには定評があります。しかし、女性やパソコン初心者のユーザーは主にYahoo!を利用する傾向にありました。

GoogleとYahoo!では、検索アルゴリズムに違いがあるため、検索結果に表示される内容が異なり、これがWeb制作者を悩ませていました。

切り替えが完了すれば、もうこの悩みから解放されます!

切り替えが完了すると考えるその根拠は・・・

7月27日にGoogleとYahooが提携するというニュースが流れましたね。

アメリカのYahooが独自のサーチエンジン YST からマイクロソフトのサーチエンジン Bing に切り替えることで、日本のYahooも YST から別のサーチエンジンに切り替えなければならなくなったという背景があるようです。

この提携によって、SEO(サーチエンジン最適化)はどうなるのかっていう部分をちょっと考えてみました。