ウェブネタ

HTML5

HTML5でWeb制作するときに、ふと思ったのが、header要素をどういう時に使って、どういうときに使わないのかということ。

HTML5の仕様では、全てのセクショニング・コンテンツ(section要素, article要素, aside要素, nav要素)で使えるし、使わないこともできます。

まぁ、これはHTML5でWeb制作するときのコーディングルールで、header要素をどう扱うかという話しなんですよね。

一応、自分なりに考えてまとめたことを、アウトプットしておきます。

MTでブログ記事やウェブページを作る際、改行や空行をpタグやbrタグに変換してくれる「改行を変換」は、ただ文章を書いていくだけならば非常に便利な機能です。

しかし、HTMLタグを使って作りこむ際には、変なところにpタグやbrタグを勝手に入れてしまうので、非常に不便でもあります。

特に、サイトをHTML5で構築していて、本文中にsectionタグやarticleタグなどを使った場合には、pタグやbrタグのオンパレードになります。

そこで、「改行を変換」をHTML5に対応させる方法を紹介します。MTのバージョンアップに即座に対応できるようプラグインを使用しない方法です。

HTML5を使用したMT5テーマを制作してるんですが、セクションのアウトラインで勘違いしてました。

アウトラインって言うのは、見出し(h要素)とセクション(section要素, article要素, aside要素, nav要素)で構成されるツリー構造のことなんだけど、article要素, aside要素, nav要素は、ここからここまでが○○ですよって明示するためだけの要素だと思ってたんです。