ウェブネタ

Google

何らかのファイルをダウンロードできるようにしたとき、どれくらいダウンロードされたかって気になりますよね?

CGIなどで作られたフリーのダウンロードカウンターは結構出回ってて、ちょっと検索すればすぐ出てきます。

だけど、使い勝手がいまいちだったり、FTPソフトでダウンロードカウンターのスクリプトをアップロードしてパーミッションを変更して・・・みたいな作業が面倒だったり、あるいは様々なスクリプトを使ってて、それぞれに管理画面があって、結局全部使いこなせなかったりと、まぁ色々ありますよね。

そこで、今回はアクセス解析の定番にもなっているGoogle Analyticsをダウンロードカウンターとして使ってみようって話しです。

今年の7月に、Yahoo!が検索エンジンをYSTからGoogleに変更するという情報が流れましたが、それがまもなく完了するかもしれません。

Googleの検索エンジンは、非常に質の高い検索精度を持っており、男性やIT系のユーザーには定評があります。しかし、女性やパソコン初心者のユーザーは主にYahoo!を利用する傾向にありました。

GoogleとYahoo!では、検索アルゴリズムに違いがあるため、検索結果に表示される内容が異なり、これがWeb制作者を悩ませていました。

切り替えが完了すれば、もうこの悩みから解放されます!

切り替えが完了すると考えるその根拠は・・・

7月27日にGoogleとYahooが提携するというニュースが流れましたね。

アメリカのYahooが独自のサーチエンジン YST からマイクロソフトのサーチエンジン Bing に切り替えることで、日本のYahooも YST から別のサーチエンジンに切り替えなければならなくなったという背景があるようです。

この提携によって、SEO(サーチエンジン最適化)はどうなるのかっていう部分をちょっと考えてみました。