ウェブネタ

2012年

ウェブページのレイアウトで、適度に余白を入れるのは重要ですね。そして、余白を作るためにCSSのmarginプロパティを指定するのが一般的です。

でも、marginプロパティって意外とやっかいだったりします。marginの相殺を念頭に入れないと、想定したよりも大きい余白や小さい余白が出来ちゃったりするんですよね。

IE7をサポートする場合、hasLayoutによって、marginが相殺されたり、されなかったりします。

そこで、marginの相殺自体を起こらなくする方法を紹介します。

CSSをjQueryで変更する方法を調べたので、サンプルソースと共に忘れないようにメモしておきます。

CSSの変更がページ移動後も反映されるようにする為には、Cookieを使用するのが一般的だと思います。ただ、プログラムを得意としない人(僕)にとって、Cookieの操作ってちょっとややこしそう。そんな人でもCookieを簡単に利用できるようにするのがjquery.cookie.jsプラグインです。

jQueryとjquery.cookie.jsを使用したら、結構簡単に実現できました。

メールフォームを作ってて、こんなケースにぶち当たった。

  • 必須入力ではない。
  • 複数の項目に分かれている(配列)。
  • 配列が全て空かどうか判定したい。

それで、調べてみたところ「PHPで配列のすべての値が空なのか確認する - Develog - Webアプリケーション、インフラに関する記録」という記事を見つけたけど、しっくりこなかったので、色々調べてみました。

以前、「MTが構築するHTMLソースの空白と改行を削除する」という記事を書いたんですが、もっといい方法を見つけました。こんなの(↓)。

<MTFor regex_replace="/^\s+(<|(--|\/|\?)?>)/mg","$1" trim="1">
  
  <!--余計なスペースと改行を削除したいコードをここに記述-->
  
</MTFor>